四輪車で出かけよう!車の情報ならここ

事故車・廃車も売る時代に

不動車、事故車、オンボロ車も売る時代になりましたね〜。
数年前までは、上記のような車は処分するしかありませんでした。
家にも置いて置けないし、業者も買い取ってくれない。
もちろん不法投棄はダメ。
だからお金を払って処分するしかなかったんですね〜。

 

しかし、鉄の価格高騰も貢献し、そういったいわば廃車にするしかないような車でも、
買い取ってもらえるようになったんですね。
というかスクラップ買取業者の認知度が上がったといえばいいのでしょうか。
実は昔から買い取ってもらえたのは買い取ってもらえたのだけど、
それを知っている人は極僅かだった。ということなんです。

 

そして、このようなスクラップ買取業者にもいくつか種類があります。

 

まずは解体屋

みなさん聞いたことがあるのではないでしょうか。
あの潰した車を何台にも積み重ねている場所。
それが解体屋です。スクラップ工場ともいいますね。

 

この解体屋は主に鉄が利益になりますので、
鉄のパーツがたくさんある車は買い取ってくれるんですね。

 

次に輸出専門業者

これは主に海外に部品を輸出する業者ですね。
ボロボロの車をばらして、部品を海外に輸出し利益を得ます。
もちろん利益になりますので、買い取ってもらえます。
海外で日本車が普及しはじめたおかげですね。

 

基本的には上記の2つの業者となります。
それにしても、大破した事故車でも買い取ってもらえるって
ずいぶんいい時代になりましたね。
自動車ユーザーは自動車を所有することにリスクを感じなくなってきているのでは
ないでしょうか。

 

このように自動車が業界は色々な業者によって支えられている。
ということが理解できますね。